業者の方に庭の草むしりを代行してもらいましょう
プロの業者に依頼を行なえばきちんと庭を手入れすることが可能です
プロの業者に依頼を行なえばきちんと庭を手入れすることが可能です
プロの業者に依頼を行なえばきちんと庭を手入れすることが可能です

草むしりと剪定作業の危険性

庭木の剪定で大怪我をすることも

住宅全体を美しい状態で保つには草むしりを実施するだけでなく、庭木の剪定も行なわなければいけません。しかし一般の方が庭木の剪定作業を行なうと作業中に怪我をしてしまったり、設備が破損してしまったりする可能性があります。


剪定作業を行なう際に事故が発生することはありますか?
草木を剪定する際ははしごなどを設置し、剪定する木と同じ高さまで上る必要があります。不安定な場所にはしごを立ててしまうと落下事故が起こる可能性があり、そこで怪我を負ってしまった場合今後の日常生活に影響が出てしまうかもしれません。場合によっては骨折のような大きな怪我を負うこともあるので、選定作業はプロのスタッフにお任せください。
剪定をほとんどやったことが無いのですが、個人でこうした作業を行なうのは危険でしょうか?
草木の剪定作業で使われる設備はどれも特殊な機能を持っており、きちんと使い方を知っていないと大怪我を負う危険性があります。そのため、あまり草木の剪定作業を行なったことが無いという方は無理に作業を行なおうとせず、私達のような専門業者に施工を任せてください。慎重に作業を進めていくので、トラブルが発生することはほとんどありません。

専門的な知識や熟練した技術を持っていない方が選定作業を行なうことは大変危険なので、草木の剪定は業者に依頼しましょう。

熱中症対策は万全に~死亡事故に繋がったケースもある~

笑顔の男の人

専門の設備を使用しない草むしりなどの作業も、高齢者の方が行なうと重大なトラブルを発生させてしまう恐れがあります。一部の地域では草むしりを行なっている最中に熱中症を発症し、高齢者の方が死亡する事故が発生しました。日光の強い日に草むしりなどの作業を行なう際は、きちんと熱中症対策を行なっておくようにしましょう。


TOPボタン